所得証明が無くてもお金を貸してくれるところって本当にあるの?

たぶん大丈夫な会社だと思うのですが、個人営業をしている小さな会社の為に源泉徴収票などの収入をを証明する書類がありません。銀行、サラ金などからお金を借りたいと考えているのですが、所得証明が無くてもお金を貸してくれるところって本当にあるのでしょうか?また、会社に連絡をされるのも困るのですが無理でしょうか?

証明がなくてもOKなところは多い!でも電話はあるかも!?

源泉徴収を出さない会社って以外に多いみたいですよ。特に個人の会社は。問題なく営業している会社も多いので、その点はあまり心配しなくても大丈夫かと。まず、源泉徴収は収入証明です。所得証明とは別なので注意しましょう。この2つは基本的には同じ書類のようなものなのですが、発行する場所が違います。収入証明は会社が、所得証明は市町村が発行するものです。

なので、源泉徴収を発行していない会社であっても、市役所や区役所などで所得証明を発行する事は可能でしょう。無収入であっても、無収入の証明を出してもらえますからね。それすら無理だというのならば別ですが…。でも、大丈夫です。最近は銀行であっても消費者金融であっても、それぞれ基準は違いますが、何円までなら証明はいらないというのが本当に多いです。

中には収入証明が必要というところもありますが、正直に発行してもらえない会社である事を伝え、どうにか他の手段で証明できないかを相談してみましょう。それも面倒だったり、ダメだった場合には、本当にたくさんあるので、収入証明の必要がないところを利用すれば良いかと思います。意外に大手でも大丈夫ですよ。何百万円も借りたいというなら別ですが、数十万円程度までなら、問題なく利用できるかと思います。

ただし、会社への電話は逃げれないかもしれません。在席確認の事ですよね?収入証明もない、在席確認もできない。そうなると、どうやって、あなたが働いている事を証明するのでしょうか?中には在席確認をしない事もある貸金会社があります。でも、それは、収入証明を提出しているからです。収入証明には会社名が記載されていますので、それで勤めている事を証明できるのです。

しかし、収入証明が不要な時は、本当に勤めているのかを知るには、会社に連絡するしかありません。「働いている=収入がある」になるので、在席確認か収入証明は、融資をするにあたって、とっても重要なものになります。個人名で貸金会社だと名乗る事もなく、別に本人が電話に出れなくても問題ない、あっという間に終わる電話なので、変に拒否しないですんなり受けておけば良いでしょう。

細かい確認をしなければいけないので、収入証明がいらないところで在席確認をしないでOKな会社が存在するかどうかはここでは答えられません。もしかしたらあるかもしれませんね。元々、収入証明が不要だと言っている会社に問い合わせてみては?「在席確認はありますか?」と。

ただ、私が今までに知っている限りでは、収入証明が必要なところであれば在席確認をしない場合もあるというのは知っていますが、不要なところでは必ず在席確認してるという事が多いです。不要なところでも、収入証明を提出する事で、在席確認をしない場合があるというもの聞いた事があります。あなたの場合、収入証明は厳しいとの事なので、在席確認は逃げれない可能性が高いかと思います。

所得証明が無くてもお金を貸してくれるところを探したい!

金融機関のホームページを見ると、ローンを申込む場合に必要となる書類として、本人を確認する書類と所得証明の書類を要求しているのが普通です。しかし利用者の中にはこの所得証明のために書類が手元になかったり、収入が少ない場合や安定収入では無いような場合があり収入証明を申込時に添付したくないと考える人もいます。このため所得証明が無くてもお金を貸してくれる金融機関を探したいと考えている人も少なくありません。

所得証明は何故必要なのか
金融機関がお金を融資する場合になぜ所得証明を要求するのかと言うと、要するに貸したお金を返済するだけの経済力を持っているかを確認するのが大きな目的です。たとえば所得が100万円の人に200万円貸そうと考える金融機関はない訳です。もう一つの目的は総量規制のためのチェックがあります。消費者金融では総量規制が有りますから、年収の3分の1を越える融資は行えません。そのために審査時に確認が必要になる訳です。

所得証明が必要ない融資
では全ての融資で所得証明が必要かと言うとそうではありません。所得証明が無くてもお金を貸してくれるところはいくらでも有ります。例えば多くの消費者金融では50万円以内であれば他からの借入が無ければ所得証明は不要です。これは総量規制の例外規定で1業者につき50万円全部合わせて100万円までは収入の3分の1と言う規定は適用されないためです。したがって金額さえ折り合えば消費者金融でも所得証明無しで借りられるのです。

銀行の場合
さらに銀行ではこの総量規制の適用も有りませんから、所得証明の提出は銀行自体の内部規定で決めれば良いと言うことになり、実際カードローンの申込みでは多くの銀行で100万円以内であれば申込時に所得証明のための書類を提出する必要が有りません。地方銀行の中には300万円まで不要としているところも存在しています。銀行では審査基準が消費者金融よりも高いと言われていますが、こういった面では逆に消費者金融よりも緩いと言えるのかもしれません。

高額の融資の場合
ただし消費者金融の場合50万円、銀行の場合100万円を超えるような高額融資の場合には所得証明のための書類は必須です。手元になければ役所に貰いに行って下さい。また収入が少なかったり安定していなかったとしても、正直に書類を提出して下さい。審査が通らないかもしれませんが、それは金融機関が返済は厳しいと判断したと言うことです。自分では返済できると思ったとしても専門家の目で見たらそうではないのです。もう一度ローンの利用を考え直してみましょう。

返済できるかどうかが大切
いくら所得証明なしで借りられたとしても、融資を受けたら返済しなければなりません。収入が少なかったり、安定していない場合には十分注意しなければならない訳です。借りては見たもののやっぱり返済できないでは済みません。借金をするときには返済計画を立てろとよく言われますが、所得証明の提出を嫌がるような人は普通の人以上にこの返済計画が必要な人なのではないかと考えられます。甘い考えは捨てて、あらゆる状況を想定して計画を立ててください。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/4gd.jp/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678